2008年02月28日

継続は力なり

ハーブ・レンゲさんを担当させていただいてから、速いものですね約11年になります
今日は、私の誕生日!!で〜す手(チョキ)

初めて皆様にお会いした時は、緊張してましたよ!!

皆様も年齢的にこんな若者に!!と半信半疑だったことと思います

しかし!!いまではしっかりと信頼関係を結べて本当にうれしい限りですexclamation×2わーい(嬉しい顔)

嬉しいこと!!沢山ありました

ひらめき身長が2p小さくなったと悩んでいた、○さん!!
なんと!!2p取り戻した

ひらめき全廃と言われていた足が、プールに浮いてしまって使えないと思っていた足が、今では軸足に!!

ひらめき体の歪みから、医者に必ず腰痛や膝痛…歩くのが困難になる可能性があるといわれていたが…すこぶる健康!!
医者も驚き!!

ひらめき股関節疾患により体が硬直し腕が上がらない状況に…今ではスムーズに

ひらめきそして何より!周りの方と比べて、若い!!
お肌もピチピチぴかぴか(新しい)と輝いてます(大げさでなくて、周囲の方々からよくいわれます)

これからも長くお付き合いよろしくお願いいたします

ただし!宿題はしてね!!

生活環境に取り入れられる宿題をなるべく心がけます

3月の目標は、しっかりと使える腹筋を習得しましょうね!!

腹横筋を使えるようになると、肩こりが軽減しますよ!!


by 八木香



posted by sheep at 11:52| Comment(40) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

胡坐をかくことにします(笑)

今日のプールは大収穫だったと思います。

最近、腰の一部分だけ針で刺されたような痛みが発生する私は、

今日の運動で、そのおんなじ部分に痛みというか、刺激を感じて、

おお??この部分が痛くなるんだと、

一人、大騒ぎをしたわけです。

その部分とは、右腰のウエストから5センチほど下がったところ。

ここだけに痛みが走るのはなんだろうかと思っていました。

それが今日の運動で判明した感じがするんです。


その運動とは、

膝頭を出来るだけ外へ広げる運動。

台がおいてある浅いところのプールサイドの棒に両手で捕まって、

片膝を立て、反対側の足をその上に乗せます。

うう^〜、乗せるだけでやっとの私。

この開き具合の悪さは、変形性股関節症の特徴だと思うけど、

私は特に開きが悪い。

だから、やっとの思いで足を乗せ、

きちんと膝が倒れないままだというのに、

このときの刺激があのときの痛みをおんなじ場所だったんです。

硬くなっているんですよね、お尻が!!

そして、今日は、その部分がストレッチされてるのよね。


思えば、膝を開くのは厳禁だった時期がありました。

それは手術前、この体勢でいると、股関節が動いて、

又、脱臼が進むと聞いた思い出がある。

だから、常に、お行儀良く膝頭をつけていたんですよね。

その怖さが今の自分から抜けていなかった。

ところが、今日の先生のお話で、

目からうろこだったわね。

だって、脱臼は内股の方がなりやすい。

万が一、内股でそろままぐ〜んと引っ張れば、

外れやすい人も居るだろうけどって!!


でも、

私たちは、これほどに関節部分の筋肉がついたから、

めったなことでは外れないと聞きました。

そういえば、

私も最近では、脚を組んだりして、

好き勝手な格好で椅子に腰掛けていたけれど、

でも!!

胡坐だけはかいてなかったの。

思い出すと、手術後のリハビリ、膝を開く運動もあったものね。

最近は、女性でも胡坐かく人多いですよね。

膝頭がちゃんと開くようになれば、

腰痛もぐんと減るというんだもの、

私、明日からはお行儀悪く、胡坐の暮らし、しようと思って!!

なんだか、うれしい今日の大発見ですよね。
posted by sheep at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

もう、とっくに知ってる

(K・Oさんより)

最近テレビでは健康についての番組が非常に多く、私も大好きで良く観

ているのですが・・、

観ていると、

「あら、こんなこと、八木先生にとっくに教わっている!」

なんてことが数多くあります。


たとえば、「腹式呼吸法」のこと、

踵から着けて、つま先に抜ける歩き方、

お尻を前に出し、おなかに力を入れての「骨盤体操」、

「脂肪燃焼」させるには、筋肉が必要で、腹筋がいかに大事かってこと、

ビリーの体操だって、水の中でちょっぴり、

スクワットもやってるよね。

又、肩甲骨を背中中央に、しわがよるほどに寄せると、上半身の動きが

良くなるそうな。

これで、肩こりや脂肪を減らすことができるって。

肩甲骨の重要さを知り、他にも肩甲骨のこと、いろいろ教えてもらいま

した。



夏になる前は、袖なしが着れるようにと、腕のたるみがなくなる運動に

集中してくれましたが、これからは、食欲の秋に向かって太ってはいけ

ない私たちの下半身の強化をと、

私たちおばさんに合わせて、

先生は秋向けプログラム作ってくださっていることでしょうね。


こんな風に、私たちにはテレビより早く先生に教えていただくチャン

スがあるなんて、幸せなことですよね。

テレビで確認して、又そのありがたさを実感です。
posted by sheep at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

下半身の新陳代謝

新陳代謝をいっぱい起こせば、

ダイエット効果が高まるというのだけど、

この新陳代謝、下半身で全身の確か70%が行なわれるそうです。

だから、ダイエットしたければ、

できるだけ、下半身の運動をしたほうがいいんですってね。

私は、この下半身強化がすごく楽しみでした。

皆さんだって、同じだと思うけど。


だってぇ〜〜

どこへ行くにも、必要なのは?

歩けるってことだもの。

老いの始まりも、歩けないところから始まるんだし。


私たちのほとんどは、下半身が大変なのだから、

筋肉増強は必須だったけど、

その上、

さらにダイエット効果もあるというのなら、

みんなやる気満々だったように見受ける(笑)

早速、様々な運動を教えてもらいました。

が、すべて、

つまるところ、

お尻を閉めて、股関節部分にえくぼを作る状態で、

水の中でもふらつかずに立つことから始まるのね。

この状態を維持するだけで、

腹筋とお尻の筋肉増強は間違いありません。


今日の運動の中で、

私が一番気に入ったのはまずこれかな。

二人一組で、

長い浮き棒の両端をつかみ、向かい合わせに立ちます。

この浮き棒を前後に押したり引っ張ったり。

そのたんびに、両足が地面から離れないように、

しっかりと立っている状態。

これを繰り返すと、

引っ張られた自分が必死で相手を引っ張り返す。

このときの下半身の力の入れ具合、

すごく、効果があるそうな。

動かされないように、しっかり立っているのは大変だったけど、

仲良く引っ張りっこは楽しかったです。

いえね、かなりのストレス解消にもなったかもよね(笑)


最後に、股関節のすぐ下の部分の筋肉を強くする運動だって。

片足立ちで反対の脚を真横にできるだけ持ち上げる、

ふらつく脚をしっかり立たせておくのも大変だけど、

あらぁ、この運動は、

経験者は、手術後散々ベットの上でやらされましたよね。

真横に寝転んで、上のほうの脚を持ち上げる。

意外と大変ではないですか?

水中だと、浮力で少しは楽だそうだけど、

ダイエットを兼ねて、

やらねば!

イヤでも腹筋が抑えられ、おなかがへっこむかも?

下半身、上手に運動したいですね。

今後の運動が楽しみです。
posted by sheep at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

意識が肝心

IMG_0068-1.JPG(K・Oさんより)

八木先生にお会いしてよかった!毎日がこんなに元気に過ごせるなんて!

股関節の手術後は、なんと言っても筋力をつけることと、その筋力をお

とさないことが大事だと言われている。


それには水中での筋力体操でバッチリ!

一人ではなかなかできなくても、グループでやれば元気百倍です。

先生の若さと熱意と幅広い知識、さらにプール中に響くような張りのあ

る大きな声で指導していただき、知らず知らずのうちに、頑張ってしま

う。

プールに来るのがすごく楽しみです。


八木先生に指導していただいてからはや10年とは、びっくりするほど。

昨年、先生に感謝と10周年記念として、みんなで東京郊外の「高尾の

森」へ一泊の旅行もできました。


八木先生からはいつも、「意識が肝心」といわれ続けますが、

それを忘れないように、いつまでも元気でいられるように、水中運動を

頑張ろうと思っています。先生、よろしくお願いいたします。

posted by sheep at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

辛くないリハビリ

IMG_0074-1.JPG(T・Tさんより)

変形性股関節症は、今でも、やはり20年が限度なのでしょうか?

私も両足を人工関節にして、もう、左が10年目。右は16年目です。

両方共を再手術しました。

いつも思うのですが、あの手術後、ベットに寝たままリハビリを始
めると、

筋肉が切断された私の脚は自分の意思ではまったく動かすことが出来ません。

あれは、やっぱり忘れられないショックですね。


その後、私の病院では、杖を突きながら歩き、階段を上り下りが出来る

ようになると、

退院を許されます。ですが、これだけではまだまだ家庭生活を送るのは

大変なことでした。本当のリハビリはこれからなんだと、いつも自分に

言い聞かせていましたが、退院後すぐにプールには行けなかったわね。


その後、幸い私は以前から八木先生の「水中運動」のサークル・ハーブ

の一人ですので、八木先生のトレーニングを受けに久しぶりのプールは

出かけました。ちょっぴり怖いけれど、うれしいかったですよね。

先生が、いつも、実に優しく元気いっぱいの指導をしてくださるおかげ

で、病院とは違って、辛くない、楽しいリハビリができるんですもの

ね。


筋力をつけるというのは、時間がかかるものですが、それでも、いつの

間にか手術のあとの私の筋肉は回復し、私は元気になってしまうのよ

ね。

その上大腿骨骨折をしたときも、退院後八木先生のご指導を受けること

が出来たし、最近はリハビリを励みながらも楽しく水中運動を続けられ

ることがうれしいです。先生にお世話になり出して、もう10年が経ち

ました。

posted by sheep at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨粗しょう症を免れる

(C・Hさんより)

体が次第に弱くなってきていると、いやでも感じるこのごろ。

でも、今でもうれしいことがあるので、それだけでもご報告したいと思

います。

私は股関節の手術もしたけれど、かなり筋肉も弱くなっているのでしょ

う。

今でも杖を使わねば歩けないのだけれど、

バスと電車とまたバスで、出来うる限りセンターへ通うようにしていま

した。

それは、八木先生のアクアパーソナルトレーニングを受けたいがために

です。


プールサイドまで杖を使ってやってくる私はプールに入るまでは必死で

す。

でも、水に入ったとたんに杖が要らない!!

陸では動くことが大変なので、やっぱり運動不足なんでしょうね。

水の中での、八木先生にしていただくもみほぐしで一番感じるのは、帰

り道の体の軽さ!

足の運びがほんの少しだけでも軽やかになるのは当然だとも言えるので

すが、それもありがたいことのひとつです。


ところで、若いころは立派だった骨密度も年齢とともに衰えているかと

思いきや、

先日、相変わらず年齢相応を維持していたことを知りました。

それも、年齢のトップクラスに。

このところあちこちの体調が乱れたときなど、骨密度が立派なことだけ

でも、私の心が軽くなったのよね。

なぜなら、自分の骨が丈夫であれば、その骨に差し込んだ人工関節はし

っかりと固定されているわけで、体を支えることがかなり楽になると思

うからです。

骨粗しょう症を免れているのは、水中運動のおかげだと思います。

骨はだれでも新陳代謝を起こし、古い骨ははがれ、新しい骨が再生され

る。

これは時間のかかることですが、

年とともに衰える骨密度を維持することを心がけるのは、

人工関節の私たちには絶対条件といっても過言ではないでしょう。


そのために骨を動かし、刺激を与え、骨の新陳代謝を促す、そんな水中

運動は、

私たち人工関節のものにとって、本当にいい運動だと思います。

だって、水の中では、関節可動域というのが大きくなるんだって言うか

ら。

骨密度が維持できてる、それがうれしい・・・というお話をさせていた

だきました。

ありがとうございました。

出来る限り通い続けて、筋肉をつければ、さらに楽になるんでしょうね。

その上転び方だって、脚を忘れていない証拠でしょうか?上手になって

しまいました。頑張ります〜〜お仲間に会えるのも楽しみだしね。
posted by sheep at 16:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蹴伸びが出来た!!

(まこさんより)

今から⒑年ぐらい前のことです。私は長い間、変形性股関節症で

したが、やっと決心して両股関節を人工に入れ替えました。これが成功

して退院後まもなくのことだったのです。

なんとも!!家の階段から滑り落ちてしまった〜〜〜。

正直、階段下りる時だって気をつけていたつもりなのに、支える脚がま

だ不安定だったのでしょうね。

あのときの主人の驚く声を今でも覚えているなぁ〜〜


肩をいやというほど打ち付けて、腕が上に上がらないようになってしま

いました。

もちろん、痛くってたまらないしね。

早速、病院へ行き、「打ち身ですね」ということで、

指圧を受け続けてみたのですが、肩の痛みは消えません。

我慢できずに、5年もたってから、

日頃お世話になっている水中運動の八木先生に個人指導をお願いしたん

です。


なんと言っても、水に入るだけでも気持ちがいいのだから、

トレ−ニングしてもらえば、少しは楽になるかなと思って。

これが八木先生のアクアパーソナルトレーニングだということは、

つい最近知ったのですが、

1回30分ほど、私だけに先生が様々なマッサージや運動をしてもらいま

す。それも水の上に寝た状態で。

それをしばらく続けたら、驚いたことに腕がきちんと上まで上がるよう

になりました。痛みも少しずつなくなったのです。


そして、水の中である日、蹴伸びが出来たんです。

蹴伸びの気持ちよさは、すっくと両手足を伸ばして、水の上で全身をの

びのびさせることよね。

腕がまっすぐ伸びました。蹴伸びが出来ました〜〜〜。

と同時に、腕から肩が痛いと、靴紐ですら結べなかったのですが、

身をかがめて自分で靴紐が結べる、こんなことにも喜びを感じることが

出来ます。

健康のありがたみを痛感です。 
posted by sheep at 16:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

9年間のブランクの後に

(makikoko。より)

計算したら、9年間もブランクがあったらしいのです。

私がこの障害者スポ

ーツセンターでお世話になったのは、

変形性股関節症で片方が人工関節、反対側が、カ

ップ形成術という手術のあとでした。

このカップ形成術の経過がさほど良くなかったので、なんとか、筋肉だ

けは衰えないようにと、電車を乗り継いで、このスポーツセンターに通

っていたのです。

が、ある日、

帰りの電車で、痛みで歩けなくなった。要するに、運動のしすぎだった

のですね。

そこで、プール通いを断念し、数年後に今度こそカップ形成を人工関節

に換えました。

その後、家庭の状態がやっと起動に乗った9年後、お願いして、又、こ

のサークルに入れていただいたのです。

それ前に9年間もブランクがあったのね。

このとき、昔懐かしい「はなみずき」の名称から「ハーブ」に変わった

サークルは、大きな変貌を遂げていました。

何がって??

仲間はほとんどみなさん、昔のままでした。

気持ちよく迎えていただいたことを心から安堵し、新しいといっても、

当時、すでに7年目ぐらいの八木香先生とこのトレーニングを続けてく

れていたことに、実は心の底から感動しながらも、驚いたわ。

だって、みんな変わりなかったんだけど、指導法がまったく違ったので

す。

八木香先生

の指導は、初めての私にはとても心休まるものでした。

からだの仕組みを忘れないで、常に、機能的に体を使う術を頭に入れ

て、指導なさっておられます。

足が痛いから、肩が凝るから、腕で上がらないからなどなど、みなさ

ん、それぞれの症状を持つ障碍のある人ばかりですが、

その人たちの体を特別視することなく、常に人として上手に生きることが出来るようにと。

その温かさは、八木先生のお人柄でしょうね。

私はアクアパーソナルという言葉をはじめて知りました。

個々人を大切に思えばこそできるトレーナーさんの力だと思います。

私は、これからも、死ぬまで八木先生を頼りに、自分の暮らしを大事に

したいと思っています。

先生、温かいご指導に感謝しております。 ありがとうございます。
posted by sheep at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 変形性股関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。