2008年01月08日

股関節のストレッチ、そして、つま先立ちも

本日は、年末年始のお休みを終えて、久しぶりのプールでした。
ほとんどの方が、今年初めてだったのかしら?
やたらと今日は、ストレッチが多かったのですが、
その中で、初めて習ったのが、
股関節のストレッチの方法の一つです。
さて、覚えているか、書いてみますね。
足幅を大きめに開いて、
両腕を一緒に、水をこぐように体の周囲へまわします。
それはもう、出来るだけ手の先を遠くへ伸ばしながら、
まるで、身体を一周するように背中の後ろまで。
久しぶりなので、水がものすごく重く感じられましたが、
ともかく、出来るだけ大きく、遠くまで腕を回すんだそうです。

ところがこのとき大事なのは、開いた足の使い方。
腕の行く先のほうの足、たとえば右へ回すときは右の足は、かかとを離さず、
左の足は、つま先をしっかり地面につけておくんですって。
この状態で、両腕を体の回りに回すと、
左の足の股関節がストレッチされると言うのです。

水の中ではほぼ、
なんだかウエスト部分は一周しちゃうほどに柔らかく感じるけど、
それだけではないわね。
確かに、親指だけで支えてる後ろ足が、
股関節部分でストレッチされているのを感じます。
この2週間ほどのお休みの間、
私は、胡坐の状態を保つことだけ考えていたけれど、
ストレッチは忘れてたわ。
そして、次のレッスンまではふくらはぎを衰えさせないためにと、
つま先立ちを1日10回はって、そんな宿題も出ましたが、
あちこちを動かすことって、大事ですよね。
宿題、頑張りましょうか?
posted by sheep at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

オットットット!!

今日のプール、いつもより水を冷たく感じたせいか、
始まる早々、オットットの練習です。
って、何のことかって、
道を歩いていたりして、何かにつまづいたとき、
誰しも、オットットットと、
道端で、危うく転びそうになるのを必死で支えるときってあるでしょう?
これを水の中で練習しちゃいました。

二人一組で、相手をおもいっきりつき飛ばします。
ひゃぁ^〜、私のお相手は男性なんだけど、
この方、おとなしいので、かなり遠慮気味ね。
それでも、片足立ちの状態のときに思いっきり突き飛ばされると、
まさしく、水の中でオットットットと、よろけます。
しかも、連続して、右に左に前方にと、
突き飛ばしは絶え間がない。
うん〜〜、片足で倒れないようにと必死でした!!!
オットットットはいいのだけど、転んだらだめ!

その後、全体を半分に分け、
さらにその半数が円の中に入れとのこと。
さぁ、外側から、えんやらどっこいと、
突き飛ばしの総攻撃!
その有様は、幼稚園児と同じだったかも。
きゃぁ〜〜〜、いやぁ〜〜、
まってぇ〜〜、だめぇ〜〜〜、目がぁ^〜〜と、
悲鳴と笑いがプール中に響きました。

で、終わった後、
温まったねぇ〜^って、みんなで顔を見合わせたら、
「それはね、大声で笑ったからですよ」と、先生がおっしゃった。
笑うということは、全身が活性化され、血流がよくなるからだと。
笑い、なかなか、ないご時勢です。
楽しく笑いたいですね!!
そのためにも、転ばないで居られる暮らしを!
水の中でも、転ばぬ練習できました。
posted by sheep at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

ストレッチ、しましょ!

人の体がどれほどにストレッチが必要か。

昨日のプールで、私は、それをしみじみと感じた。

ほぼ数日前から、何が原因だったか分からないけど、

腰の右部分に、一箇所だけ、刺すような痛みが走るときがあった。

いわゆる、腰痛の経験が無かった私は、

どうしたらいいのか分からなかったし、

それでも動いていると、その痛みは、消えているしね。

だから、プールの日、

ある程度の期待を抱いて、水の中に入ったのです。


いつもどおり、

先生はストレッチに力が入る。

特に、下半身強化と言うことで、そこのストレッチは様々な方法があっ

た。

それをやりだしたとき、私がまず感じたのは、

硬い!!

私の体、普段より動きが悪く、

いわゆる可動域がまったく狭いんです。

それでも、続けていると、

腿の裏側やわき腹のなんと気持ちがいいこと!!

ぐ^〜〜〜んと伸びて、

軽い痛みと同時に、

なんだか、体全体に息が吹きかけられたように、軽くなりました。

このストレッチ、どんな方法だったかなと、

ただ今、思い出しているところ。


台の上に片足を置き、

両足のつま先は、まっすぐ前を向くように気をつけましょう。

まずは、下に降ろした脚で、つま先立ちを繰り返します。

かかとを常にきちんと地面に付くことを意識しながら。

続いて、上の膝をまっすぐ伸ばすけど、そのつま先は、上向きです。

このとき、つま先は出来るだけしっかりと立てましょう。

この状態で、自分の体を前方へ倒します。

これを名づけて、「携帯電話」だって。

このとき、実に太腿の裏側が心地よく伸びます。

その次、

下に降ろしてある足を、外側90度開き、

全身をその方向へ向けます。

台の上の脚だけは動かさず、この状態が安定したら、

台の上のほうの腕を、思いっきり、

頭の上から反対側へ曲げてみましょう。

このとき、上げた腕のわき腹周辺に、

ジ〜〜ンとした固さと伸び具合は、

まさしく、固いゴムひもを引っ張ったような感じね。


文字で書くとややこしいけど、

それほど難しいストレッチではなく、

これを右左両方終えたとき、

驚くなかれ!私の腰の痛みが、皆無となっていたんです。

皆さんも痛いところ、どこか、消えたんじゃないかしら?

家の中でも結構、動いているつもりです。

だけど、

伸ばしてはいなかったのよね。

寝れば治るとか思って、

ツイツイ身体を横たえてしまっていたけど、

それよりも、必要なのはストレッチだったのね。

特に、人工関節の場合、

身体は硬くなりやすいのだと知りました。

昨日のストレッチで、

自分にとって、それがどんなに必要か、

よく分かったわぁ^〜。

あくびでもいい、背伸びでもいい、

どんどん、身体のストレッチ、しましょうよ。
posted by sheep at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

宿題です〜〜

今日もメインは下半身の運動だったと思いますが、
このごろ、ほぼ20分間は休みなく、先生の掛け声が続きますね。

ツイツイ、声につられて動いて、
腿やら腕やら、ものすごく疲れます。
これでこそ効果が出るのかな?
気が付けば、私の太腿、左右の太さが違っていたのですが、
なんだか、かなり揃ってきました。
太腿、強くするのは、私の目指すところの一つだから、
気が付いたときは、うれしかったです〜〜

これは、最近家では、机に座りながらでもできる、膝をまっすぐ前に持ち上げる運動をしていたからかな?
さほど熱心ではないけど、
でも、全然しないよりはいいだろうし、
私の場合は、もっと行きたいプールに通えない忙しい事情もあるしね。
せめて、宿題はちゃんとしなくっちゃ。

と言うわけで、今日の宿題は3つもありました。
さて、忘れてないかな?
@ ソファーに寄りかかっても、小さなボールを腰の後ろにはさんでもいいけど、
身体を後ろに倒した状態で、
片方の膝をおもいっ切り胸に近づけます。
私は股関節の曲がりが決してよくないので、
この場合はまず、腕で膝を持ち上げ、出切るだけ曲げておいて、その位置を維持するようにしていますが、
これをすると、不思議にも膝の曲がりがとてもよくなり、
しかも、膝を維持するために必死で腹筋を使っているのが分かります。
膝を持ち上げるのは、脚がするのではないおなかがするのです~^^って、
先生の説明、忘れないでおきましょう。

A肩甲骨を寄せる運動です。
あの「ノビール」を使ってもいいけど、
使わないでもできますよね。
私は、肩の周辺の筋肉が硬いのがよく分かるんです。
だって、肩甲骨を動かすつもりで両腕を出切るだけ後ろに寄せようとしても、
肩の動きがほとんどない。
いまさしあたって、肩が痛いわけではないけれど、
こんな動きを無視しないでおきたいなと思います。
だって、パソコンの前での仕事、山ほどだものね。
ほんの少しでもいいから、毎日肩甲骨を動かそうと思います。

Bおそらくこれが宿題だったと思います。
猫の首?
猫がぶら下げられる首の付け根と同じように、
私たちも首の後ろ側の付け根をつまんでみましょう。
これがまた、私は、つまめないほどに硬かった。
首が疲れているのかな?
肩こりの原因となりそうな症状を私はいっぱい持っているのに、
肩こりにまったく気が付かない自分が怖いわ。
いつ、どこぞが破裂するか分からないと思いませんか?
って、くも膜下やった私は、本来はもっと自分の体調に慎重になるべきです。

本日の宿題、せめて、1週間、続けてやってみようと思います。
1週間後を楽しみに、皆さんも頑張ってみましょうよ。
先生が教えてくださることは、すべて自分の体にいいものばかり。
ありがとうございました。
posted by sheep at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

水着の購入と新年会の下見

今日のプール、とっても強硬だったと想いませんか?

合計20分バッチリと、
ジャンプから始まって、内股の筋肉をつける、さらにヒップアップを目指しての運動で、
私の脚は、くったくた。

でも、始めのころ、どことなく腰痛気味だった私の腰周りは、すっきりしちゃったみたいです。

この内股の筋力をつける運動を、私は陸上でもやろうかなと思うの。

これからますます、孫を抱く機会は増えちゃうし、

何よりも、膝や腰を守りたいしね。

さらに、この運動中、ず〜〜^っと、

お墓とお知りに意識を集中していたせいか、
なんだか、ウエストまですこしへっこんだような?
いや、ただ、おなかが減っただけかも??

ところで今日は、その後も楽しかったわね。

トレーニングのあと、

今日は2階のロビーで、みんなで水着を買うチャンスがあったし、

有志だけで、はや新年会の場所選び、実体験です。

と称して大枚?を払い、美味しいお昼を食べました。

私には珍しいことだわと、我ながら、楽しかったし、

お土産にいただいた杏のリカー漬も、

大事に又いただこうと思います。

思えば、ハーブって、みんな仲がいいですね。

これからもみんな元気で、仲良くやりましょうよね。

よろしくお願いいたします。
ラベル:内股 筋力強化
posted by sheep at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

「モビール」といっしょに

ノビール 003.jpg
今月は、プールのロッカーの鍵当番で、いつもより30分早く出かけるの

ですが、

やれやれ、今日は休みの母が、私の出る時間になって、一番私が嫌う大

事を引き起こし、

ああぁ〜〜、慌てた!!

そのときの私、気が付けば、 母に言葉を掛ける暇もなく、

さささぁ^〜〜〜と、衣類を着替えさせて、

母をベッドに寝かせて、 飛び出してしまいました。

まぁ〜〜しょっぱなから、とんだお話で・・スミマセン。

というのも、今日のプール、余りにも楽しかったので、

そのイライラが吹っ飛んだような気分だったから。

先生から面白いものを全員がいただいたのです。


それを称して、「ノビール」と言うそうな。

この「ノビール」はその名のとおり、

両手のひらに巻き付けて、引っ張ると、

最長で、両腕を広げた長さの2倍にはなりそう。

元は30センチほどの流さで、柔らかいブヨブヨの素材。

自由自在な形になるけど、

こんなものは、他では見たことがないので、

形容のしようがありませんが、

一言で言えば、水の中では海蛇のような〜〜

それほど軽くはないというのに、

この「ノビール」は水の中でも浮かんでいるんだもの。


この「ノビール」を手の平に巻いて、

上半身では肩甲骨を動かす運動に、

とくに、二の腕などのストレッチとダイエットには使えます。

だってね、きつく引っ張っておけば、

水の抵抗だけではない、体が自由にならない分だけ、

肩甲骨などへの刺激が大きくなると言うのです。

下半身では、足の下に引っ掛けて、

きつく引っ張り上げながら、脚を上下左右に動かしました。

この「ノビール」で足を引っ張りあげることで、

股関節部分の筋肉が圧縮し、

圧縮しながら動かすと、なにやらエキスが出るんだって。

エキス?の名前は忘れちゃったけど、

それで、筋肉の動きが良くなるというんです。

なるほどねぇ^〜、そんなこともあるんですね。

これらすべてが終わったあとに、確かに!!

肩は動きが良くなって、足が軽くなっておりました。


それにしても、面白いものが作られる時代だと、

なんだかそんな感慨も沸きますね。

昔だったら、肩が凝れば、

孫の手の先のボールで肩たたきをするぐらいだった?

いまや、それが、こんな「ノビール」まであるんだから。

色とりどりの「ノビール」で、

今日は、おもちゃといっしょにプールで遊んだ気分でした。

たしかに、水の中だと、関節の動く範囲が広がるので、

その効果も大きいし、筋肉への負担も少ないけど、

ぜひとも、机の前でもこれはやろうと思います。

肩が前に倒れてきたら、それこそ、老けた証拠らしいものね(汗)。

お休みされた方も、もらえるといいですね。
posted by sheep at 13:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

高尾への1泊の旅

OR0612020066.JPG
私が仲間と一緒にお泊りをしたのは初めてだったかもしれません。

この10周年記念は、今の八木先生とであって10年目ということで、

感謝を込めて、お忙しい先生をちょっとだけお呼びしながら、

私たちは思う存分、この高尾の宿を楽しみました。


と、書いている間にも、いろんなことを思い出すけど、

それは又、

書いてくださる方もいらっしゃるでしょう。

今日は、そのときの写真を提供してくださった仲間にお礼を込めて、

その中の写真を1枚だけアップいたします。

これって、元気を出して翌日、さらに山道を歩いた仲間の姿です。

仲間ならみんな分かっているんだけど、

私たちは、全員、特に下半身に障碍を持ち、

車椅子や杖などを使って、

この高尾山を楽しんだのです。


そんな時、私はいつも思うんです。

こんなことができるだけ、私たちは恵まれているんだと。

この施設は、

東京のはずれにありますが、

いずれは高齢化を迎えるのを見越して作られた、

公立の中学校だったのかな?

今では、立派な福祉施設となって、

どこにでも車椅子ででも動けるようになっていました。

広々としたロビーにゆっくり休む場所があるのも、

障碍ある私たちにはありがたいことです。

楽しかった思い出をここにご紹介しましたが、

まだこの地をご存じない方、お問い合わせは、

コメントでどうぞ。
posted by sheep at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

夏休みが終わったわね

夏休みの8月は私たちのプールにも大勢の子供さんたちがおいでになり

ますよね。

昨日の話題の一つに、こんなことがプールの中でささやかれたんです。

夏の間は、私たちは、自粛してるんだよねって。

昨日でも、総勢17人になると、

ほぼ、プールの4分の1とは言わないけど、

かなりの面積を使わせてもらっているとき、

他の利用されてる皆さんへのご迷惑にならないように。

そんな気持ちは、いつでも忘れないでいたいなと思います。

そして、1ヵ月ぶりの私たちのレッスンは、

順調に始まりました。


私も本当に水の中が気持ちが良くて、

先日からの肩のこわばりが取れていく感じが分かるほどした。

肩甲骨の周辺の筋肉が固まると、

どうしても猫背になり、

これが老いの症状の始まりと聞けば、

私も、頑張ったんだけど、

仲間のお一人に、すごい努力家がおいでだった。

二人並んで、背中の筋肉の動きを見てもらったのです。


そのときの私たち、両腕を耳の横から上に持ち上げ、

しっかりと後ろにその腕を広げながら降ろすそうな。

そのときの筋肉の動きが、どうも違うらしい。

私もそれほど固いほうだとは思っていなかったけど、

この努力家さんと筋肉の動きが違うといわれてしまいました。

うう?

つまりは、十分に筋肉を動かせていないということですよね。

つまりは、硬いということね。


何事も、常日頃の繰り返しが大事だといわれるんだけど、

ツイ、忙しいと忘れがちな、日常のレッスン。

今の私が忘れたくないのは、

椅子に座って、片膝ずつ持ち上げる運動。

これで大腿骨に筋肉がつくとか?

やはり、下半身部分が大いに気になるわけだけど、

この肩甲骨の周辺の運動も、ちゃんとやらねばと、昨日は教えられちゃ

いました。

暑い夏の間に、すっかり、肩こりが増長したらしいなぁ〜〜。

皆さんはいかがでしょうか?

40肩、50肩はもう経験済み?(笑)
posted by sheep at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。