2007年11月21日

ストレッチ、しましょ!

人の体がどれほどにストレッチが必要か。

昨日のプールで、私は、それをしみじみと感じた。

ほぼ数日前から、何が原因だったか分からないけど、

腰の右部分に、一箇所だけ、刺すような痛みが走るときがあった。

いわゆる、腰痛の経験が無かった私は、

どうしたらいいのか分からなかったし、

それでも動いていると、その痛みは、消えているしね。

だから、プールの日、

ある程度の期待を抱いて、水の中に入ったのです。


いつもどおり、

先生はストレッチに力が入る。

特に、下半身強化と言うことで、そこのストレッチは様々な方法があっ

た。

それをやりだしたとき、私がまず感じたのは、

硬い!!

私の体、普段より動きが悪く、

いわゆる可動域がまったく狭いんです。

それでも、続けていると、

腿の裏側やわき腹のなんと気持ちがいいこと!!

ぐ^〜〜〜んと伸びて、

軽い痛みと同時に、

なんだか、体全体に息が吹きかけられたように、軽くなりました。

このストレッチ、どんな方法だったかなと、

ただ今、思い出しているところ。


台の上に片足を置き、

両足のつま先は、まっすぐ前を向くように気をつけましょう。

まずは、下に降ろした脚で、つま先立ちを繰り返します。

かかとを常にきちんと地面に付くことを意識しながら。

続いて、上の膝をまっすぐ伸ばすけど、そのつま先は、上向きです。

このとき、つま先は出来るだけしっかりと立てましょう。

この状態で、自分の体を前方へ倒します。

これを名づけて、「携帯電話」だって。

このとき、実に太腿の裏側が心地よく伸びます。

その次、

下に降ろしてある足を、外側90度開き、

全身をその方向へ向けます。

台の上の脚だけは動かさず、この状態が安定したら、

台の上のほうの腕を、思いっきり、

頭の上から反対側へ曲げてみましょう。

このとき、上げた腕のわき腹周辺に、

ジ〜〜ンとした固さと伸び具合は、

まさしく、固いゴムひもを引っ張ったような感じね。


文字で書くとややこしいけど、

それほど難しいストレッチではなく、

これを右左両方終えたとき、

驚くなかれ!私の腰の痛みが、皆無となっていたんです。

皆さんも痛いところ、どこか、消えたんじゃないかしら?

家の中でも結構、動いているつもりです。

だけど、

伸ばしてはいなかったのよね。

寝れば治るとか思って、

ツイツイ身体を横たえてしまっていたけど、

それよりも、必要なのはストレッチだったのね。

特に、人工関節の場合、

身体は硬くなりやすいのだと知りました。

昨日のストレッチで、

自分にとって、それがどんなに必要か、

よく分かったわぁ^〜。

あくびでもいい、背伸びでもいい、

どんどん、身体のストレッチ、しましょうよ。
posted by sheep at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。